中古機械、中古ロボット、中古板金鍛圧機械・プレス、中古工具周辺機器の買取販売なら、福島県・茨城県を拠点に福島・茨城・宮城・群馬・栃木で実績多数。

ふくしま中古工作機械.com

営業時間9:00〜17:00 休:土・日・祝) 担当:丹治
TEL:024-522-0191 FAX:024-524-0854
古物商:福島県公安委員会許可 第2510010001872号

研削盤とは工作機械の一種であり拘束された材料(ワーク)を回転する砥石で研削加工するものです。通常は他の工作機械で大まかな形状を加工した後に用いられます。多くの場合、ワークと砥石は線接触となり回転する砥石に対しワークを相対的に動かすことにより面を創成します。
ラップ盤とは、ラップ剤を用いて工作物にラップ仕上げを施す工作機であり、研削盤などで精密仕上げされた工作物表面をさらに平滑にし、かつ寸法精度も向上させるために用いられます。ラップ盤には、主なものとして立て形ラップ盤、芯(しん)なしラップ盤があります。その他、工作物の形状、種類によって、挟みゲージラップ盤、センター穴ラップ盤、鋼球ラップ盤、歯車ラップ盤などがあります。立て形ラップ盤はもっとも広く用いられており、複ラップ形と単ラップ形とに分けられます。前者は、上下ラップの間に工作物を挟んで、その上下面を同時に平行平面に仕上げたり、円筒工作物の円筒度を得るために用いられます。後者は下ラップだけによって平面度を得ようとするもので、大形の工作物や特殊な形状のものに使用されます。芯なしラップ盤は、芯なし研削盤と同様の方式でラッピングを行うものです。
ラップ盤による機械ラッピングは、人手によるハンドラッピングと比較して熟練を必要とせず、能率もよく、工作物の寸法を管理するのが容易なため、均質な製品が得られ、多量生産に適しています。
ポリッシュ盤とは、ラップ盤で精密仕上げされた工作物表面をさらに平滑にし、かつ寸法精度も向上させるために用いられます。

中古機械販売一覧